会社による難易度の違いをしっかり理解しよう

利用する会社によって、おまとめローンの審査基準は異なりますので、自分が持っている収入の範囲内で利用できる所を探さなければなりません。銀行と消費者金融の違いがおまとめローンもあって、銀行はより厳しい審査をして、いいと思った人だけに貸しています。一方でおまとめローンを提供している消費者金融では、消費者金融が実際に儲けている基準で審査を行って、総量規制の対象外の金額を貸してくれます。金利が高くてもいいなら、審査基準がそこまで厳しくない消費者金融を利用していくこととなります。
消費者金融は、貸し出しを優先として考えているので、借りている金額が証明できるような書類があれば、ほぼおまとめローンを利用することができます。ブラック状態になっていたり、収入が無いのに貸してほしいと言わない限りは、しっかり貸し出しが行われて1つに纏められることとなります。おまとめローンを利用したいと考えていても、銀行だとかなり厳しいという状態なら、消費者金融を利用した方が得をする可能性はあります。ただ金利による返済額増加の可能性もあります。
どちらの場合でも借りていることの証明を出さないと利用できないローンとなっていますから、借りていることについては何でもいいので証明を出してください。消費者金融なら会員ページを印刷した物でも構いませんし、明細書として送られてくるものをスキャナで取り込み、それを提出するだけの方法を利用しても問題はありません。ようは証明できる状況を作ることが一番大切なことなので、そのためには借りている会社が発行している証明が必要になります。
審査の基準を決めるのは会社側であり、銀行だと相当厳しい審査を受けなければなりません。ただ消費者金融でもおまとめローンが利用できるようになっているので、利用すれば審査基準を下げられて、あまり収入を持っていなくても借りられることがあります。証明が無ければ使えないので、何でもいいから貸していることが分かるようにしてください。当然借りている数だけ必要となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る