おまとめローン審査のNG項目とは

おまとめローンの審査では、これに引っかかると必ず落ちてしまうNG項目があります。申し込みをする前に自分がNGに引っかかっていないかを確認し、もし引っかかっていそうなら対策を立てる必要があるでしょう。次の3つがおまとめローンNGのチェックポイントです。

クレジットカード払いを滞納してはいませんか?

銀行引き落としの日を忘れていたりして、カードの支払いが落ちていなかったという経験をした方も多いでしょう。通常なら次の月に引き落とされて解決かもしれませんが、それができていない場合は要注意です。おまとめローンの審査では、クレジットカードのショッピング払いも当然チェックの対象です。滞納が放置されていれば、おまとめローンの審査にも当然引っかかります。

過去5年間に利用停止になったカードはありますか?

キャッシングのカードやクレジットカードは延滞した状態が続くと利用停止になります。利用停止はすなわちブラックリスト入りと同じ意味であり、そこから5年間は新規のローン契約が難しくなるのです。過去5年のうちに、利用停止になって契約解除されたカードがあるとおまとめローンの利用は難しいといってよいでしょう。これは他社のカードであっても同じです。おまとめローン審査では信用情報も調査されるので、他社での利用停止の事実も簡単に把握されてしまうのです。この状態でおまとめローンを利用したいならば、5年の期間が過ぎるのを待つ必要があります。

停止になったことがあるカードの会社に申し込んではいませんか?

実は5年間が経過してもなお、おまとめローンの審査に落ちてしまうケースがあります。それは停止になったカードの会社のおまとめローンに申し込んだ場合です。5年間で消えるのは信用情報の記録だけなので、同じカード会社、キャッシング会社の過去の記録は社内にまだ残っています。これがあるかぎり、おまとめローンといえど審査に通るのは難しいのです。残念ですが違う会社のおまとめローンに申し込むしかないでしょう。他社ならば5年が経過していれば問題になることはありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る