おまとめローンは借りている残高によって判断される

おまとめローンを借りることができるかどうかは、まずおまとめローンが利用できるほどの年収を持っているかで変わります。年収がそれなりにあると判断されていれば、まず1つ目の項目はクリアしたこととなり、普通に利用できるチャンスがあると考えてください。しかし借りている残高がどれくらいあるかで、おまとめローンが利用できるかどうかは大きく変わることになります。もしあまりにも残高が多すぎた場合、会社が提供しているおまとめローンの限度額を超えてしまい、無理だと言われてしまうことがあります。
おまとめローンにも利用限度額が用意されており、希望している額がそれに該当しなければ落とされてしまうことがあります。本来はこの範囲内に収まっているので、多くの方は利用することが可能です。しかし残高があまりにも多すぎるような状態になっていると、おまとめローンを利用した所で全てを纏めることが出来ないため、この残高ではおまとめローンを利用できないと判断されてしまいます。これが審査に落とされる要因となっており、利用できな可能性を高めてしまうのです。
もし利用したいと考えているなら、おまとめローンの利用限度額が最大でどれくらいなのかをチェックしなければなりません。超えてしまっているようなら問題となりますし、自分の年収で利用できる最大値がどれくらいかを理解しておかないと、これも落とされる要因を生み出してしまいます。おまとめローンというのは、利用できるほどの年収に加えて、現在残っている残高によっても大きな違いが生まれるので、最終的にはこれら2つの要素が揃っていないと駄目です。
利用できないと言われてしまう背景には、おまとめローン自体を利用できない場合と、おまとめローンを利用してもまとめられないほどの借金になってしまっている場合があります。もし前者なのであれば年収不足等が要因となりますが、後者であれば借金が多いので、他の方法を含めて再検討しなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る